沿革

1964年創業以来、食のトータル流通企業としてお客様に満足いただける機能・商品を全国へお届けしています。
50年を超えるその歴史は、多様化するニーズに応えるための挑戦の歴史でもあります。

KANEMASA HISTORY
  • 1954年

    金澤正次 青果販売業 中道配給所を経て
    仲買業 金正商店 開業

  • 1964年

    青果の仲卸業 金正青果(株)設立
    仲卸事業を目的とした、大五青果(株)設立
    大阪市東部中央卸売市場開場

  • 1970年

    量販店との取引拡大
    軟弱野菜専用倉庫造設

  • 1976年

    外食向け販売会社を目的とした、(株)マルマサフード設立

  • 1988年

    東部市場内の仲卸会社、大五青果(株)をグループ化し、(株)ベジタルコーユへ社名変更

  • 1989年

    ファストフードチェーンとの取引開始
    カット野菜製造工場 (株)マルマサフード堺工場新設

  • 1991年

    外食向けサービス 24時間365日受発注システム運用開始

  • 1992年

    (株)マルマサフード物流サービス設立

  • 1994年

    (株)マルマサフード平野センター新設

  • 1998年

    (株)マルマサフード堺工場に全自動生産ライン完成

  • 1999年

    カネマサ流通グループ本社事務所開設

  • 2000年

    金正青果(株)配送・加工センター新設

  • 2002年

    (株)マルマサフード関東支店・川越センター新設

  • 2003年

    コンシューマー工場向け仲卸事業に特化を目的とし
    (株)ベジタルコーユから(株)フレッシュへ社名変更
    カット野菜製造工場 (株)マルマサフード川越工場新設
    (株)マルマサフード東京事務所開設
    輸出入農産物の取扱いを目的とした、(株)K・インターナショナル設立

  • 2005年

    (株)マルマサフード中部支店・中部センター新設

  • 2007年

    カネマサ流通グループ東京営業所開設

  • 2010年

    (株)マルマサフード堺工場 新工場新設に伴い移転

  • 2012年

    (株)K・インターナショナルを(株)マルマサフードへ合併
    サプライチェーンの強化を目的とした、(株)カネマサ流通設立

  • 2013年

    コンシューマー工場のサプライチェーンマネジメント機能の法人として(株)マルケイフーズ設立

  • 2014年

    全自動生産ラインを有するカット野菜製造工場
    (株)マルマサフード菰野工場新設

  • 2016年

    (株)マルマサフード平塚センター新設
    カネマサ流通グループ本社新社屋完成に伴い移転

  • 2017年

    (株)マルマサフード物流サービスグループ化
    (株)マルマサフード柏センター新設

  • 2018年

    (株)マルマサフード茨木センター新設
    (株)カネマサ流通を(株)マルマサフードへ合併
    カネマサ流通グループ東京営業所から東京支社へ組織変更
    (株)マルマサフード東京都中央卸売市場の買参権取得

  • 2019年

    株式会社マルマサフード 堺工場 川越工場
    食品安全システムに関する国際認証規格 FSSC22000認証を取得

  • 2020年

    経営資源の有効活用及び稼働率向上のため、(株)マルマサフード菰野工場を閉鎖

  • 2021年

    グループ統括会社としてカネマサ流通ホールディングス(株)設立
    平野センターを移転し、茨木センターに統合
    業務効率化の為、マルマサフード物流サービスを本社へ移転